第二子41W2d:出産①本陣痛開始

ついにこの日がやって来ました。

 

深夜1時頃から、眠れないほどの下腹部痛と腰痛を感じました。
感覚は約10分ほどです。

 

前駆陣痛?本陣痛??

 

とりあえず、ナースコールを押して助けを求めます。

 

さっそくモニターを装着。

 

助産師さんによると、感覚は狭くなって来たし、
お腹の張りもつづいて来ているが、
本陣痛というには痛みの強さが足りないとのこと。

 

そうかぁ・・・。

と思いつつ、眠れないほどの痛みなので、
大部屋の隣人に迷惑がかからないようにとの配慮で
分娩準備室に移動しました。

 

長男を産んだ時の観察入院は、部屋の空きがなくて
いきなりこの分娩準備室に入院したので、
とても懐かしかったです。

 

痛みと戦いつつ、ほぼ眠れない状態で夜が明けました。
助産師さんが夜勤担当から昼間担当に変わり、
モニターを装着しましたが、所見は変わらず。

 

そこに、子宮口刺激(通称:グリグリ)を2連発をしてくださった医師が出勤!
さっそく内診していただいたところ、
子宮口が4cm開いてて、子宮頸管も70%くらいのところまで
短くなっていて状態が進んでいるとの診断でした。

そして3回目のグリグリ!!

 

そこから事態が急転、
本陣痛のカウントを何時からにするか助産師さんたちが話し合い、
本陣痛開始を7:30〜とすることになりました。

 

つづく

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.