試写会:うまれる ずっと、いっしょ

応募していた試写会に当選したので行ってきました。

「うまれる ずっと、いっしょ」という作品でした。

http://www.umareru.jp/

image

この試写会
ママ限定・子連れOKで映画の途中での出入りも自由との事。

ぶっちゃけ作品のことは全く眼中になく、赤ちゃん連れOKというのにひかれて応募してみました。

まさかの当選!とういことで
シネマート六本木という映画館へ。

六本木交差点近くの小路を入ったところにありました。

映画の概要は・・・

①血のつながりのない父子

②完治しない障害を持つ子を育てる夫婦

③愛する家族を見送った家族

3組の家を追ったドキュメンタリー。

もうね、号泣です

①に出てくる男の子の良い子っぷりが半端ない。どう接したらこんな子に育つんだろう!!という感じ。

②に出てくる男の子の笑顔がキラキラしすぎてるし、そのご両親の気持ちの持ち方が強くも切ない。

③に関しては、我が家でも喪主はやりたくないよね・・・と頻繁に話題になるので、残されたご主人に感情移入。

作品に出てくるこども達を見ていて、

こどもってすごく親を見ているんだな。

こどもが持っている力ってすごいな。

って改めて感じました。

監督さんは「豪田トモ」というお名前や、ママ限定試写会を企画されていることから
女性なのかなと勝手に思っていましたが、男性でした。

image

一児のパパだそうで、
上映の後のトークでは父として、どう子供に向き合うか等
持論をお話されていました。

お話を聞いていて、
ママ限定はもったいないな・・・
家族がテーマの映画だからファミリー試写会っていうのも良かったのかも!

と思いました。

子連れで映画館ってなかなか機会がないけれど、
今日の試写会はまわりもほとんどの人が子連れで、
「赤ちゃんの泣き声は映画のBGMです」
と運営側の方がおっしゃっていたので
気が楽でした。

我が家の生後4ヶ月の天使も眠くてぐずぐずしちゃいましたが、
泣いてもウロウロしてもOKなので助かりました。

監督さんのお話によると、
TOHOシネマズでは毎月1~2回赤ちゃん連れOKの上映があるとのこと。

調べてみたらありました。
ママズクラブシアターって言うらしいです。
↓↓↓↓↓
http://www.tohotheater.jp/service/mamas_club_theater/

映画好きのお母さんには嬉しいサービスですね(*^^*)

我が子と過ごせる時間を今まで以上に大切にしようと思うきっかけをいただきました。

ありがとうございましたm(_ _)m

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.