2018年度渋谷区保活④:子育てトークvol.3

平成30年度の保活レポートです。

 

区議会議員の岡田マリさんが主催されている

「子育てトーク」というイベントで提供していただいた情報の整理編です。

 

新たに始まったサービスについて、

恵比寿地区に関係がありそうな2つについてまとめます。

 

①ベビーシッターの助成

通常の保育時間について、認可保育園の保育料と同額でベビーシッターさんに子供を預けられる事業です。

基本的には自宅にシッターさんがやってきて、子供の面倒をみてくださり、

その他のちょっとした家事などをお願いすることはできないそうです。

 

「お散歩に連れて行ってくれるんですか?」

という質問が出ていましたが、

「ベビーシッターの運営会社の方針によるようです。」との回答でした。

 

質問者ではない他の参加者の方から

「子育て支援センターでお母さんかと思って声を掛けたら、ベビーシッターさんでした」という声もあったので、ずーっと家の中だけということではないのかな?という印象ではありました。

留守中に家の中に人が入って来るのが許容できる家庭であれば、便利だと思います。

 

 

②ポピンズナーサリースクール恵比寿ポップキッズ(サッポログループ本社棟内)の渋谷区枠新設

サッポロビールが自社の社員用に立ち上げた保育所で、ポピンズが運営しています。

その保育所にサッポロビールの厚意で渋谷区民枠を設けてもらえたということだそうです。

 

 

保育料は45000円/月。

以前は渋谷区の助成があった上でも80000円/月だったそうです。

 

しかも、一度入れたら就学前まで継続通園可能。

このお値段でポピンズのサービスを受けられるなんて・・・夢のようです!

認可保育園の待機児童となった場合のみ申し込めるということなので、我が家の長男はそもそも対象外。

 

まぁ、今お世話になっているところが息子も私も大好きですが、

さすがにポピンズがこの金額!と思うと、

いいなぁ~~~!!!と思わざるを得ません(笑)

 

つづく

コメントを残す