実妹の結婚式:準備開始

軽井沢高原教会での挙式を決めた妹夫妻。

ブレストンコートでは、挙式日の3ヶ月前くらいにならないと
担当コーディネーターさんとの打ち合わせが始まりません。

妹は、3ヶ月前スタートで間に合うの?と不安げです。

そこで、以下の事を説明してみました。

 

確かに、あまり早く出席者を確定して席次を決めようとしても
うまくいかないと思います。

親族が来る来ないを覆したり、急な欠席もありますし。
(私の時もどうしようもない理由で約1週間前に欠席連絡がありました)

最終的な予算感も料理や引き出物などの都合上、
参加者が決まらない事には決まりません。

逆を言えば、3ヶ月もあれば準備は余裕ってことなんだと思います

 

ただし!

 

それは持ち込みとか面倒なことは一切せずに
お金をかけて式場のメニュー通りに進めた場合だと思います。

例えば

・衣装を持ち込みたい

・ブーケ、ブートニアを持ち込みたい

・両親へ記念のプレゼントを用意したい

・リングボーイ、フラワーガールのプレゼントを用意したい

・リングピローを手作りしたい

・披露宴会場に飾るウェルカムボードや小物を持ち込みたい

・プロフィールやエンドロールのビデオを用意したい

・引き出物を持ち込みたい

・ペーパーアイテムを自作したい

などなど・・・

費用削減の為やこだわりたい部分があれば、その分準備の時間をかける必要があります。

早いうちから準備を始められるのは、

誰が何人出席するかに左右されず、引き出物など親が口出ししてきそうなものを除いたもの。

つまり、自分たちだけで自由に決められるものです。

・・・と、いうことで!

まずは衣装を決めることになりました。

 
 
今回は内容に合った写真がなかったので、
妹夫妻が現地見学に行った際の写真をご紹介。
 
 
 
 
軽井沢行きたいなぁ~~~(*^^)
 
つづく

コメントを残す